スクールレポート

至近距離からのシュートも止める!!5月2日埼玉・広瀬ゴールキーパー育成スクール朝霞校レポート!

おはようございます!

代表・広瀬です!

・うちの子は身長が低いからGKには向いていないのでは…?

・特別身体能力が高いわけじゃないけど、GKは務まるのかな…?

 

よく保護者の方々からこのような質問を受けますが、決してそんなことはありません!

身長が低くても、身体能力がめちゃくちゃ高くなくても、ゴールを守ることは十分可能です!

 

ただそのためには、GKを専門的に学ぶ必要があります!

やれば誰だってできるようになる!

GKの専門的な練習をコツコツと積み重ねてきた選手が試合で活躍できるようになるんです!

 

埼玉のGKは広瀬ゴールキーパー育成スクールへ!

今回のテーマはシュートストップ!

GKの醍醐味でもあるシュートストップ!

ここ最近GKも足元の技術などが求められてきていますが、まずはシュートを止めることがGKの仕事!

際どいコースに打たれたシュートも止められるように練習していきました!

 

早速見ていきましょう!

まずは技術練習から!

今回は横に倒れながらシュートを止めるテクニックを練習していきました!

 

まずはその着地の練習から行っていきます!

GKを始めたばかりの選手がまずぶち当たる壁として、地面への恐怖心があります。

 

埼玉県のほとんどの小中学生が土のグラウンドで練習や試合を行っていると思います。

硬い土の上に倒れるのは正直痛いですし、怖いですよね…

でもそんな環境でもGKは身体をはってゴールを守らなければいけません。

ですのでまずは、怪我をしないための安全な着地方法を身につける必要があります!

正しい着地を身につけることができれば、着地の痛みをかなり軽減することができるので、地面への恐怖心を徐々に取り除いていくことができます!

「痛い、怖い」がなくなってくれば、少しずつダイナミックなプレーができるようになってきます!

まずは自分の身体を保護するために、安全な着地を身につけることが大事なんですね!

選手同士で勝負!!

最後の練習では、実際に選手同士でシュートを打ち合ってもらいました!

あえてコーチが打つのではなく選手同士で行うことで、絶対に決められたくない!止めてやる!という気持ちが湧いてくるため、試合に近いマインドでトレーニングを行うことができます!

ギリギリのコースに打たれたシュートに対しても、横っ飛びでチャレンジしにいく姿勢がたくさん見れました!

いきなり派手なプレーをするのではなく、しっかりと段階を追って練習していくことでGKの積極的なプレーを引き出すことができます!

 

誰もが「決められた!!」と思ったシュートをGKが身体を張ってセーブすることができれば、チームのヒーローになれること間違いなし!

そんな半端ない守護神になるために、ココで練習しよう!!

埼玉・広瀬GK育成スクールは初心者GK大歓迎!

埼玉・広瀬GK育成スクールではGKに必要な基礎基本を1から指導していきます!

 

いきなりダイナミックなプレーを練習するのは危険です!

何事も段階を踏んで行っていく必要があります!

まずは自分が怪我をしないように安全な身体の使い方を身につけ、それと同時にゴールを守るための方法を学んでいきましょう!

 

専門のコーチたちが優しく丁寧に教えてくれるから、初心者の選手でも安心して参加していただくことができます!

 

埼玉県にお住まいの、GKを始めたばかりの選手やチームにGK専門のコーチがいない選手は是非一度無料体験へお越しください!

 

それでは!

SKY

-スクールレポート

© 2021 埼玉ゴールキーパースクール【広瀬GK育成スクール】 Powered by AFFINGER5