スクールレポート

ギリギリの戦いを制する!!3月16日広瀬GK育成スクール大宮校レポート

おはようございます!

代表・広瀬です!

お子さんが試合で失点して、悔しがっている姿を見るのが辛い…

なかなかチームではキーパーだけの練習の時間は設けてもらえない…

でも、なんとか本人がゴールキーパーを楽しんでもらえるようにサポートしてあげたい!

 

ゴールキーパーの選手のお父さんお母さんも、選手と同様に悩みや不安を持たれていると思います。

広瀬ゴールキーパー育成スクールでは、同じ悩みや不安を抱えた選手や、保護者の方々が毎週スクールに通ってくれています!

ここでは、ゴールキーパーの技術や個人戦術を1から学ぶことができるので、試合であらゆるシュートを止めれらるようになります!

今回のテーマはブレイクアウェイ

相手とGKの1vs1のシュチュエーションのことを専門用語でブレイクアウェイと言います!

ブレイクアウェイを直訳すると「切断」という意味になります!

相手にシュートを打たれる前にGKが前に飛び出して、相手の攻撃を断ち切ることができれば失点のリスクを減らすことができますよね!

 

相手の攻撃を断ち切る一瞬のスキを見逃さないGKになるために、今回は練習していきました!

ボールを奪い取れ!!

ブレイクアウェイの状況で、相手からボールを奪い取る技術のことをフロントダイビングと言います!

名前に「フロント」ということがある通り、構えた状態から足を前に踏み込んでダイビングしていきます!

今回の練習では、できる限り遠くから踏み切って速くボールに触れることを意識してもらいました!

まずは止まったボールから行い、その後コーチが転がしたボールで行いました!

このように段階を踏んでトレーニングすることで、早い段階で正確な技術を身につけることができます!

ギリギリの戦いでかつポイントとは?

次は実際にFWを入れて試合に近い状況でフロントダイビングの練習をしていきます!

FWとGKどちらが先に触るかギリギリの状況でチャレンジ!

相手より0.1秒でも速くボールに触れるためにはどうすればいいのか?

ポイントは先程のトレーニングでも説明した遠くからボールにダイビングすることです!

走る歩数が多ければ多いほどボールに触れるまでの時間は長くなってしまいます!

 

GKは手が使えるポジションです!

その特性を最大限に生かして、相手からガンガンボールを奪えるGKになろう!!

広瀬GK育成スクールで賢くゴールを守る!

今回のトレーニングのように、広瀬GK育成スクールではGKの「技術」だけでなく、GKが試合で相手より優位に立つための「個人戦術」も学ぶことができます!

まずはゴールキーパーの「技術」を習得しなければなりません!その上で「技術」を試合で発揮するための「戦術」が必要になります!

どちらか一方だけできてもダメです!

「技術」と「戦術」が噛み合うことで、シュートを止めたり、相手からボールを奪うことができます!

 

ゴールキーパーが上手くなるための確かなGK理論がここにはあります!

ゴールキーパー初心者の選手や、上手くなりたいけどGKコーチからの専門指導を受ける環境がない選手は、是非1度無料体験へお越しください!

 

それでは!

-スクールレポート

© 2021 埼玉ゴールキーパースクール【広瀬GK育成スクール】 Powered by AFFINGER5