スクールレポート

環境がゴールキーパーを上手くする!

こんにちは!

スクール代表・広瀬です!

ゴールキーパーが上手くなる要素

ゴールキーパーが上手くなるための要素というのはいくつかあります。

・選手自身が上手くなりたいという強い気持ち

・GKコーチからの専門指導を受ける環境

上手くなるために、これらの事柄はもちろん必要不可欠です!

 

その上で、上手くなるためには「環境」も少なからず影響してくると私は思うんですよね!

まさに環境が人を育てる!

日本はまだまだクレーのグラウンドが多いです。

海外のように人工芝や天然芝のピッチで練習できるチームというのは非常に少ないと思います。

 

しかしゴールキーパーはどんなに硬いクレーのピッチでも飛ばなくては行けないポジションです。

はっきり言って痛いですよねw

 

僕も大学でプレーするまでは、小中高とずっとクレーのグラウンドでプレーしてきたのでその気持ちは痛いほどわかります。

よく腰横には、GK界では「ハンバーグ」という名で知られる大きなあざを作っていました・・・

勝る恐怖心

しかし、正しい倒れ方、正しい着地の仕方を覚えれば、クレーのグラウンドでもほとんど痛みなく倒れたり飛んだりすることができるんです!

 

しかし、そこまで行くまでになかなか恐怖心を払拭できない選手も多いと思います。

 

恐怖心を払拭するためにはやっぱり人工芝や天然芝の環境が必要なんです!

それは週1回のトレーニングでも大きく変わります。

HGKSの会場は人工芝のピッチ!

そう言った意味で、当スクールの会場のFUTSAL POINT 朝霞台さんは人工芝の非常に良いピッチなので、ゴールキーパートレーニングを行う上では、非常に良い環境だと私は感じています!

環境は整っています。

あとは君の情熱があれば必ずゴールキーパーとして成長できる!

君たちの挑戦を待っています!!

 

それでは!

STAFF HIROSE

無料プレスクールのお申し込み

 

-スクールレポート

© 2021 埼玉ゴールキーパースクール【広瀬GK育成スクール】 Powered by AFFINGER5